自分が正しいと思えばそれを貫けばいいんです

私は、1つのグループに所属して仕事していますが、グループの上司が、私を認められてくれなくて悩んでいました。

例えば、私の仕事のやり方と上司の仕事のやり方が違います。どちらも、仕事をする上では正解のやり方です。

しかし、上司は押しが強いうえに自分の仕事のやり方に絶対の自信を持っています。

私たちの、飲食業界(給食などの大量調理)は出来上がりの時間が決まっているので、どちらの仕事のやり方が正しければ上司のやり方に従うのが正しいと思うのですが・・・。

普通ならこれが正しいと思うのですが、上司から言わせると

「お前も、上に立つ時が来るそんな時相手の提案に考えずにのるのはおかしい!!」と言われました。

しかし、現時点で彼が私の上司である以上、彼の意思を無視するのは部下として難しいと思うのです。

もちろん、間違っていることをしていれば私も意見をいいますが、特に問題のないことに対して意見するのは難しいです。

しかも、私が意見しないことをいいことに、私を馬鹿にしたり無能扱いされるのは辛いです。

さらに、仕事だけではなくそれ以外の私生活まで口を出してきて、馬鹿にされ無能扱いされるのは自分を否定されているようで辛いです。

自分の意見をに絶対的自信を持ち、人の意見を聞かない人を相手するのは辛いことです。

しかし、ここで大切なことは彼らと無理に向き合う必要性がないということです。

人は、それぞれ色々な個性や考え方を持っているということを忘れてはいけません。そんな、一人一人の考え方を可能な限り肯定しないと人は自分に協力しようとしません。

そして、人を認めることにより自分もまた認められることを忘れないでください。

人は、人に認められている時や役に立てている感じることで、初めて社会と接して生きることになるのです。

さて、問題の上司の方ですが・・・。

はっきり、言えば自分の能力を認めさせたい願望に凝り固まっているように思えます。

こういう人は、自分以外の人間は無能と思いたいうえ、自分より有能だと感じられる人に対して攻撃性を持って対処し自分より下にしようとする人間です。

こういう人間の言うことで傷つき疲弊する必要はありません。

自分が正しいと思えばそれを貫けばいいと思います

自分が正しいと思うことを自信を持ってやりましょう。

人は、人の評価は気になるものですが、人の評価を気にしすぎて生きると生きづらくなります。

人が完璧に評価する仕事など絶対出来るものではありません。

だから、自分が正しいと思われる仕事をして、それが、周りの役に立つていると感じる仕事であれば仕事として大丈夫だと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です