仕事が辛いと思ったときは一人で悩んだらダメです

生きるためにしなければいけないのが仕事ですが、辛いと感じる瞬間はもちろんありますよね。

私も辛いと思い、今の仕事を辞めたいと思うまでに至った経験があります。

私は小さなころから子どもとかかわる仕事をしたいと思っていて、実際にやりたい仕事に就くことができました。

仕事を始めた頃は、毎日仕事を覚えることに精いっぱいでしたが、それでもとても楽しく仕事に取り組むことができました。

しかし、毎日がただ楽しいだけ・・・。というのは本当に最初の頃だけでした。

仕事自体はとても楽しかったのですが、仕事に慣れてくると、職員同士の人間関係がみえてくるようになったのです。

どうやら先輩職員と上司の仲がとても悪かったのです。

先輩職員もはじめは私に遠慮してくれていたようですが、私が仕事に慣れてくると、毎日のように私に上司の愚痴を話してくるようになりました。

ただ話を聞くだけでも辛いですが、何より辛いのは、先輩職員の愚痴に賛成しなければならなかったところです。

少し上司の肩を持つだけで、先輩職員は期限が悪くなります。

ある日、どうしても我慢できなくなり、少し上司の肩を持ちすぎた時がありました。

その日を境に、先輩職員は私へも冷たい態度をとるようになったのです。

毎日の会議の中で、私の意見に遠回しに反対したり、私だけ仲間外れにしたりするようになりました。

せっかく仕事が楽しくても、人間関係が辛いだけで、仕事に行きたくなくなりますよね。

私もその状況でした。

毎日がとても辛かったのですが、たまたま機会があり、他の先輩職員に私の状況を話すことができました。

人間関係の回復は難しくても、ストレスの発散にはなりました。

仕事が辛いときは誰かに相談するべきです

誰かに状況をわかっていてもらえるだけで、自分は一人ではないと思えましたし、少なくとも一人は私の味方になってくれる人がいると思えました。

それからも、何かある度に話を聞いてもらうようになりました。

おかげでとてもすっきりし、仕事に行きたくないと思うことはなくなりました。仕事はもともと楽しかったので、また、楽しい毎日が始まったのです。

どんなに好きな仕事をしていても、人間関係など、仕事とは直接関係のないところで辛い思いをすることもあると思います。

どんな悩みであっても、誰かに話すことで、気持ちがすっきりしますよ。

家族でも友人でも恋人でも職場の人でも、誰かしらにまずは話してみてください。

自分一人で抱え込んでいても何の解決にもなりません。誰かに話してすっきりして、また楽しい毎日を取り戻しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *